バーネット法

オンラインカジノでスロットについで人気のテーブルゲーム。ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの花形テーブルゲームには様々な攻略方法が誕生しています。特にライブカジノの様な自宅にいながら本場のディーラーと勝負できるゲームは心理戦になるため、戦略を練って望むことが必要とされます。テーブルゲームやライブカジノで確実に勝敗をあげていくためには自分の性格やその日の心理状態、資金に合った攻略方法を選びましょう。ここではバーネット法を紹介します。

もっと読む隠す

バーネット法を実践できるオンラインカジノ

バーネット法を実践できるオンラインカジノ

10

バーネット法とは?

バーネット法とは?

バーネット法は、別名「1326法」とも呼ばれルーレットなどのテーブルゲームでよく使われる戦略の一つです。ローリスク・ミドルリターンな方法で損失が少ない代わりに、大きな利益を出せないのが特徴です。大当たりを狙わなくても長くゲームを楽しみたい人や、少しずつでも着実に利益を出したい人にはバーネット法をお勧めします。少ないリスクで勝てる守備型の攻略法です。カジノ初心者や資金が少ない人にはお勧めの戦略です!

バーネット法のメリットデメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう👀

メリット

  • 安全に勝てるので初心者にもおすすめ
  • 勝敗が50%でも利益がある
  • 連敗しても大きな損失にはならない
  • ベット額が少ないので長時間遊べる
  • 資金を手元に残しながら着実に利益があげられる

デメリット

  • 一気に大金を獲得したい人には不向き
  • 勝ち負けが交互に続くと利益が出づらい

メリット・デメリット

バーネット法のメリット

✅ 安全に勝てるので初心者にもおすすめ

基本的に1➡3➡2➡6のルールに則ってプレするので、複雑な戦略は必要ありません。

✅ 勝敗が50%でも利益がある

5分の勝負や引き分けが続いても利益が出るようになっています。

✅ 連敗しても大きな損失にはならない

大きな配当は狙えませんが、安全に勝てる方法です。

✅ ベット額が少ないので長時間遊べる

ベット額が予め設定されているので無茶なベットで損失を出さずに済むため、長い時間遊んでも安心です。

✅ 資金を手元に残しながら着実に利益があげられる

スピードはゆっくりですが、着実に利益が増えていきます。

バーネット法のデメリット

❌連勝が続いても配当が少しずつ多くなるので、一気に大金を獲得したい人には不向き

連勝すれば確実に配当が手に入る反面、スピードは他の攻略法に比べて遅いです。

❌勝ち負けが交互に続くと利益が出づらい

少なくとも3連勝するまでは確実な利益には繋がりません

パーレー法の基本ルール

バーネット法の基本ルール

ルールは文字通り、連勝するたびに1➡3➡2➡6の順番にベット額を変えていきます負ければリセットとなり、また1からのベットになります。例えば4回連勝した場合、1回目のベット額を1に設定すると2回目は1×3=3、次のベットは1×2=2、次は1×6=6になります。4連勝した場合、もう一度1にリセットするやり方と、連勝が続く限り6でベットするやり方がありますが大きな損失を出したくなかったり、テーブルゲーム初心者の人は4回でリセットする方法をお勧めします。バーネット法を使って勝負する場合、ルーレットやバカラの様な勝率50%で、配当2倍になる様なゲームを選びましょう。

バーネット法の手順

シンプルなバーネット法ですが、実際にゲームで使う前に自分でルールを設定する必要があります。設定するルールはご覧の通り💁‍♂️

基本は、4連勝の後も連勝が続くと6でベットをそのまま続けますが、1に戻す方法もあります(※連勝が続く限り6でベットを続ける事が基本ですが、資金の損失を最小限に抑えたいなら4回の連勝で一旦リセットする事をお勧めします)

最初のベット額の設定。バーネット法は資金を守りながら勝率を増やしていく攻略方法ですが、プレイヤー自身の資金に合わせて最初にベット額を決めるようにしましょう。

これを踏まえてバーネット法を使った具体例を見ていきましょう。

バーネット法の使用例

バーネット法を使った例

実際にバーネット法を使用した時のシュミレーションをして見ましょう🔍

この例では、ルーレットを使用します。赤黒賭けの勝率は、約50%です。

✔偶数または奇数どちらかにベット

✔1➡3➡2➡6の順番でベット額を変える

✔負けたらリセット

✔4回目勝ってもリセットはなし(負けるまで6でベット)

ベット額1からスタートします!

ベット回数ベット額勝敗損益
1回目1ドル負け-1ドル
2回目1ドル勝ち1ドル
3回目3ドル 勝ち3ドル
4回目2ドル負け0ドル
5回目1ドル負け3ドル
6回目1ドル負け1ドル
7回目1ドル勝ち0ドル
8回目3ドル勝ち3ドル
9回目2ドル勝ち5ドル
10回目6ドル勝ち11ドル

【結果】

4回目から負けが3回づづいでも損益はまだ1残っています。例えばこれがパーレー法の場合、一度負ければ全損失になります。また7から10回目と4回連続で勝って損益1が11になります。また他の戦略と同様に、連勝しないと利益には繋がりにくいのが特徴です。

オンラインカジノゲーム

バーネット法が使えるオンラインカジノゲーム

実際のカジノと違いオンラインカジノではゲーム中もメモを取りながらプレイすることができます。数字を記録して資金や確率を頭に入れながら勝負に挑みましょう。

シンプルなルールで勝敗が決まるルーレットは、バーネット法を使うのにはおすすめのカジノゲームです。インサイドベットとアウトサイドベットがありますが、基本的にバーネット法はアウトサイドベットを使って勝負します

バカラとはベットする人が直接プレイに参加せず、BANKER(バンカー)とPLAYER(プレイヤー)のカードゲームの勝敗を予想するゲームです。ゲームの勝敗はBANKERとPLAYERによって決まるので、実力よりも運がゲームに大きく左右します。勝敗はBANKER、またはPLAYERのどちらかが勝ち、勝敗は50%の確率で決まるのでバーネット法を使って勝負するにはピッタリのゲームです。オンラインカジノのバカラはベット額も少額からなものが多く、バーネット法を使えば少ない資金で少しずつ勝ちを積み上げていく事ができます