マーチンゲール法

もっと読む隠す

マーチンゲール法を実践できるオンラインカジノ

マーチンゲール法を実践できるオンラインカジノ

10

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法 (Martingale Strategy)とは、勝つまではベット額を倍にしていく攻略・戦略法です。

オンラインカジノの攻略法の中でも最も人気で利用されており、オンラインカジノだけではなく、ランドカジノやFXの投資などにも活用することができます。

マーチンゲール法は「理論上は必ず勝つ」と言われており、とても手堅い戦略法です。その理由は連敗が続いたとしても1回の勝利で負け分が無かったことになり利益を出すことができる為です。

またマーチンゲール法のルールは簡単なため、オンラインカジノ初心者の方でもすぐに取り入れることができます。

しかしマーチンゲール法だけに限らず、どの攻略法もデメリットや注意点をよく把握してから活用するようにしましょう。

早速、マーチンゲール法の活用方法、そしてメリット、デメリットなどのポイントをご紹介します。

メリット・デメリット

さっそく、マーチンゲール法のメリットとデメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう👀

メリット

  • 簡単で誰でもできる
  • 連敗しても最終的に勝てば利益が出る
  • 負ける可能性が低い

デメリット

  • 最大ベット額の制限がある
  • ある程度の資金力が必要

マーチンゲール法のメリット

✅ 簡単で誰でもできる

マーチンゲール法は最初に賭けた金額を基本額となり、負けた場合にはその倍の金額を賭けていく。そして、勝ったら最初に賭けた額に戻すというだけという、とてもシンプルな方法です。

難しい計算などが無いため、誰でも簡単にできるのが最大のメリットであると言えるでしょう。

✅ 連敗しても最終的に勝てば利益が出る

シュミレーションでは、4回連続で負けてしまいましたが5回目では勝ち、利益が出ています。このように何度連敗続いても最終的に勝ちさえすれば利益が出せるのです。例え10回連続で連敗が続いてしまってもいつか勝ちさえすれば利益が出るのです。これがマーチンゲール法の「理論上は勝つ」と言われている理由です。

✅ 負ける可能性が低い

マーチンゲール法は、主に勝率50%のゲームで使用する必要があります。数学的に考えると勝率50%のゲームで永遠に連敗することはまずありません。

勝率50%のゲームで連敗する確率を見てみましょう💁‍♀️

連敗の数連敗率勝敗率
1連敗50%50%
2連敗25%75%
3連敗12.5%87.5%
4連敗6.25%93.75%
5連敗3.125%96.875%
6連敗1.563%98.437%
7連敗0.78%99.22%
8連敗0.40%99.6%
9連敗0.20%99.8%
10連敗0.10%99.9%

上記の確率を見て分かる通り、10連敗する確率は0.10%と極めて低い数値です。そのため資金が無くならない、最大ベット額を越えない限り、マーチンゲール法は成功し負ける可能性が低い攻略法と言えます。

マーチンゲール法のデメリット

❌最大ベット額の制限がある

全てのカジノゲームには最大ベット額が決まっています。例えば最大ベット額が低いルーレットでは20ドル、逆に高いものでは50,000ドルのものもあります。

マーチンゲール法を使用する際は、最大ベット額が高いものを選んでプレイするようにしましょう仮に、最大ベット額を超えてしまった場合、マーチンゲール法が成立しなくなり、多額の損失額が発生してしまいます?

ある程度の資金力が必要

最初に1ドルを賭けても、9連敗すると10回目のベット額は512ドルになります。さらに10回目でも負けてしまったら、11回目のベット額は1,024ドルという高額になります。カジノはあくまでもギャンブルであり運が物を言います。連敗しないという確証は無いため、予め余裕を持って資金を用意しておく必要があります。

基本ルール

マーチンゲール法の基本ルール

マーチンゲール法は負けた時に勝つまでベット額を倍にしていくとてもシンプルな方法です。ただし、オンラインカジノで使用できるゲームは勝率が50%のゲームのみです。ブラックジャックルーレット赤黒賭けバカラ、そして応用編としてスロットでも使用することができます。

マーチンゲール法の手順

  1. 初回にベットする金額を決めます。(最初は1ドルなど低めの額を賭けましょう)
  2. 勝敗によって次のゲームのベット金額が変わります。

勝った場合🎉

攻略法をやめて、初回のベット金額(最初に1ドル賭けた場合は1ドル)に戻ります。

負けた場合😭

次の勝負では倍の金額(最初に1ドル賭けた場合は2ドル)を賭けます。

マーチンゲール法の使用例

マーチンゲール法を使った例

実際にマーチンゲール法を使用した時のシュミレーションをして見ましょう🔍

この例では、ルーレットで赤黒賭けを使用します。赤黒賭けの勝率は、約50%です。

それでは、だけに賭け続けてみましょう。

もし負けたら2倍のベット額を賭けます。

もし勝ったら➡リセットします。つまり、また最初からベット額1ドルからスタートします。

下記はマーチンゲール法を用いて、実際にルーレットの赤に賭け続けた場合の結果です。

  1. ルーレットの「赤」に1ドルをベットします→負け
  2. 負けたので、倍額の2ドルを「赤」にベットします→負け
  3. 負けたので、さらに倍額の4ドル を「赤」にベットします→負け
  4. 負けたので、さらに倍額の8ドル を「赤」にベットします→ 負け
  5. 負けたので、さらに倍額の16ドル を「赤」にベットします→勝ち
  6. 勝ったので、1番最初に賭けた額と同じ1ドルに戻し「赤」にベットします→勝ち
  7. 勝ったので、また1ドルを「赤」にベットします→勝ち
  8. また勝ったので、1ドルを「赤」にベットします→負け
  9. 負けたので、倍額の2ドルを「赤」にベットします→勝ち
  10. 勝ったので、1番最初に賭けた額と同じ1ドルに戻し「赤」にベットします→勝ち

負けが続いても、最終的に勝てば$1の利益を出すことができます。

ベット回数ベット額勝敗損益
1回目1ドル負け-1ドル
2回目2ドル負け-3ドル
3回目4ドル 負け-7ドル
4回目8ドル負け-15ドル
5回目16ドル勝ち+1ドル
6回目1ドル勝ち+2ドル
7回目1ドル勝ち+3ドル
8回目1ドル負け+2ドル
9回目2ドル勝ち+4ドル
10回目1ドル勝ち+5ドル

【結果】

応用編

マーチンゲール法の応用

最初の賭け金は1ドルではなく、5ドル10ドルにすることもできます。また、負けた時に2倍ではなく3倍あるい4倍ずつに増やしていくこともできます。

当たれば最初の賭け金と同額分が利益になるため、一気に勝利金を増やすことができます。しかしその分リスクも増えるため資金の管理と最大ベット額に気をつける必要があります。

下記は1ドルでベットを開始して、負けた時に次に賭けるベット額の倍率をそれぞれ2倍3倍4倍5倍にした際のベット額です。資金を予め確認して何倍づつ賭けたいかを考えましょう。

1回負けた場合2回連続で負けた場合 3回連続で負けた場合4回連続で負けた場合5回連続で負けた場合
2倍賭け2ドル4ドル8ドル16ドル32ドル
3倍賭け3ドル9ドル27ドル81ドル243ドル
4倍賭け4ドル16ドル64ドル256ドル1,024ドル
5倍賭け5ドル25ドル125ドル625ドル3,125ドル

オンラインカジノゲーム

マーチンゲール法が使えるオンラインカジノゲーム

最初にご紹介したように、マーチンゲール法は50%の確率で勝つカジノゲームで使用することができます。それぞれどのようにマーチンゲール法を活用するかご紹介します。

ルーレット

ルーレットでマーチンゲール法を活用する際は、「赤黒賭け」「ハイロー賭け」奇数偶数賭け」のいずれかの方法のみでマーチンゲール法を使用することができます。

ルーレットはポケットのついた回転盤と玉を使い、玉の落ちる場所を当てるシンプルなゲームです。

ルーレットでマーチンゲール法を使うタイミングはルーレットで負けた場合です。

例えばルーレットの赤に1ドル賭けたとします。

負け続ける限り、賭けた金額の2倍の額を次のにゲームに賭けます。

勝った場合はゲームを最初の賭け金と同額(この場合1ドル)にします。

赤黒賭け

玉が赤(レッド)か黒(ブラック)はどちらかの色に落ちるかを賭けます。赤に1ドル賭けた場合、投げた球が赤色の数字の中に入れば、2倍の配当が得られます。この場合払い戻し額は2ドルです。

ハイロー賭け

ハイは数字の(19~36)、ローは数字の(1~18)を表しており、ハイかローのどちらかに賭ける方法です。

ハイの数字(19~36)1ドル賭けた場合、19~35のいずれかの数字に球が入れば勝ちになり、2倍の配当が得られます

奇数偶数賭け

奇数偶数賭けは「Odd or Even Bet」とも呼ばれます。玉が奇数(Odd)偶数(Even)のどちらに落ちるかを賭けます。奇数(Odd)1ドル賭けた場合、投げた球が奇数の数字の中に入れば、2倍の配当が得られます

?覚えておきたいポイント

ルーレットには賭け方としてインサイドベット、アウトサイドベットもありますが、マーチンゲールは使用できないので、気をつけましょう。

ブラックジャック

ブラックジャックは21(twenty one)という名前でも知られており、世界中で愛されているカードゲームです。

カジノディーラーとの駆け引きをし、自分なりに戦略を立てることができる奥が深いゲームであり、多くの攻略法があります。このブラックジャックでは基本戦略(ベーシックストラテジー)と合わせてマーチンゲール法を活用するのがとても効果的です。

また、マーチンゲール法が使用できるゲームの中で一番控除率(ハウスエッジ)が低く0.4〜0.6%です。さらにベーシックストラテジーに従ってマーチンゲール法を活用すれば、控除率は0.3%程度にまで抑えることができます

※ハウスエッジとはカジノの取り分の事

ブラックジャックのルール

プレイヤーはカジノディーラーよりも「カードの合計が21点」に近ければ勝利となり、配当を得ることができます。ただしプレイヤーの「カードの合計が21点」を超えてしまうと、その時点で負けとなります。

まずは、賭け金をテーブルに置きます。そしてディーラーと自分にそれぞれランダムのカードが1枚のカードが引かれ、その後カードの合計値が21に近くなるまで、カードを引くことができます。

「自分のカードの合計値を21に近づける」か「相手がバーストする(21点を超えて失格になる)」ことで勝利となり配当金を獲得することができます。

賭け方

マーチンゲール法を使用する際は、基本戦略(ベーシックストラテジー)も併せて活用しましょう。この攻略法は応用的な戦略でなく基本的な戦略なので、初心者の方も是非覚えておきたい方法です。

「17」以上はスタンド

自分の手札が「17」以上の時は、スタンド(これ以上カードを引かない)しましょう。

17以上になってから、ヒットを選択すると68%~92%の確率でバースト(合計点が21)を超えてしまいます。

「11」以下はヒット

自分の手札が「11」以下の時は、必ずヒット(追加でカードを引く)するようにしましょう。理由としては、どのカードを引いてもバーストしないためです。

「12」~「16」の時は、ディーラーのカード次第

自分の手札が「12」~「16」の時は、ディーラーの見えている1枚のカード次第で決めましょう。

ディーラーの見えているカードが2〜6の場合は「スタンド」ディーラーのバースト率:35~42%となります。

ディーラーの見えているカードが7~10の場合は「ヒット」ディーラーのバースト率:21~26%となります。

ディーラーが伏せているカードは基本的に「10」と予測

基本的には、ディーラーの伏せているカードは「10」と予測しましょう。

なぜなら、A~9のカードを引く確率は各7.7%に対して、10(10.J.Q.K)を引く確率は30.7%のためです。

Aが2枚配られたら、必ずスプリット

「A」は、「1」か「11」としてカウントしますが、2枚あっても、「2」か「12」としてしか扱えません。

この状況からヒットするよりも、スプリットした方がブラックジャックを狙えます。バーストのリスクも抑えれるので、Aが2枚来た時には必ずスプリットしましょう。

👀覚えておきたいポイント👀

上記の基本戦略(ベーシックストラテジー)を守った上で、マーチンゲール 法を活用してみましょう。最初は1ドルから賭け、負けたら2倍の2ドル、また負けたら2ドルの2倍、4ドル、また負けたら4ドルの2倍、8ドルと賭けていきます

バカラ

「カジノの王様」と呼ばれるバカラは最も日本人プレイヤーに人気があるカジノのトランプゲームで、コアなプレイヤーからカジノ初心者まで幅広いプレイヤーに愛されています。

その理由はシンプルでありながら大金の動くゲームであるためです。

マーチンゲール法は非常に簡単な攻略法なためバカラにあまり馴染んでいない方も、まずはマーチンゲール法から始めればルールを学びながら利益を出すことができます。

バカラのルール

勝負はプレイヤーとバンカー、それぞれ配られたカードの点数の合計によって決められます。

「バンカー(胴元役)」と、「プレイヤー(客役)」の仮想のふたりに配られたカードの合計値のどちらが9に近いかを予想して賭けるだけです。

Aの絵柄が1点、2〜9まではその数字通りカウント し、10〜Kまですべて0点として数えます。9の絵柄が一番強い数となります

しかしバンカー側に賭けて勝った場合、カジノ側にコミッション5%が取られることを覚えておきましょう。

賭け方

プレイヤーかバンカーのどちらが勝つかを予想したら、目の前にあるベットエリアにチップを置きます。基本的にバカラにはプレイヤー(Player)バンカー(Banker)、タイ(Thai)、引き分け)、ペア(Pair)の4つの賭け方があります。

しかしマーチンゲール法を使用する際はプレイヤー(Player)バンカー(Banker)の2つに1つの選択となります。というのも、これはマーチンゲール法を使う際の条件として、勝率がほぼ50%オッズがほぼ2倍という条件があるためです。

この条件を満たすのは「バンカー勝利」か「プレイヤー勝利」のみとなります。さらにバンカーに賭けて負けた場合は5%のコミッションが取られるため、実際にはプレイヤーにベットするようにしましょう。

✅プレイヤーにベットする

バカラでマーチンゲール 法を活用するときは必ずプレイヤーにベットしましょう。それは、バンカーにベットして勝利すると5%のコミッションを取られるためです。バンカーに賭けてしまうと、5%のコミッション部分も賭け金と同様に倍々で大きくなります。そのため利益が出なくなってしまい、マーチンゲール法にならなくなってしまいます。

例えば、10ドルからベットを始めて、バンカーに賭けるとします。負けるごとに2倍の賭け金を賭けてベットしていきます。

5連敗してしまうと6回目のベット額は320ドルです。この320ドルで勝利した時にコミッションは320ドル×5%=16ドル。要するに、16ドルがカジノ側のコミッション料として持っていかれます。そして利益額は10ドルです。

【結果】10ドル(利益)−16ドル(コミッション)=−6ドル(損失)

6戦目で勝利しても6ドルの損失となってしまうのです。

そのため、バカラでマーチンゲール 法を利用する際は、コミッションのないプレイヤーに賭けるようにしましょう。

✅ミニマムベットがおすすめ

バカラでマーチンゲール法を行う場合、1ゲームあたりのベット額はそのテーブルの最低ベット額(ミニマムベット)がおすすめです。カジノによって異なりますが、ほとんどはミニマムベット額は1ドル(約100円)です。

ミニマムベットだと利益は小さくはありますが、マーチンゲール法が高確率で成功します。逆に10ドルなど大きな額から始めると、マーチンゲール法が成功せず、多額の損失になる可能性があります。

スロット

通常、マーチンゲール 法は勝率が2分の1のルーレット、ブラックジャック、バカラで利用することが多いですが、ジャックポットスロット、ビデオスロット、クラシックスロットでも、マーチンゲール法を活用することができます。

スロットは、当たった時の倍率が非常に高いゲームではありますが、200倍以上の大当たりは滅多に出るものではありません。そのために大当たりが出る前に手持ちの資金が尽きてしまうこともよくあることです。

そこで出来るだけ手持ちの資金を消費せずに、利益を少しずつ増やしながら大当たりを待つことができるのが、マーチンゲール法の活用なのです。

賭け方

通常マーチンゲール法は、負けたら2倍の額を次のゲームで賭けていき、勝ったら最初に賭けた額に戻すという法則です。しかしスロットでマーチンゲール法を使用する場合は、回転数に応じて賭け金をあげていきます。

スロットゲームはテーブルゲームに比べて、ゲームの展開が早く最初から高額な額を賭けてしまうとすぐに資金が尽きてしまう可能性があります。

そのため、最初は25セント(最少額)から賭けて30回ほどプレイします。31回目から50セント60回目から75セントといった具合に少しずつ賭金を増やしていき、20倍以上の当たりが出たらまた最初の金額(25セント)から賭けていきます。

下記はあくまで目安です。場合によっては回数と賭け金の調整が必要です。

回数1〜30〜50〜60〜65〜70〜75〜80
賭け金(ドル)0.250.50.75123 5
損失額-7.5-17.50-25-30-40-55-80
利益20倍-2.5-7.5-10-10±0+5+20
利益40倍+2.5+5+10+40+65+120+270
利益80倍+12.5+22.5+35+50+120+185+320
利益200倍+42.5+82.5+575+770+1560+2345+3920

👀覚えておきたいポイント👀